スモールビジネスのためのソリューション

ウェブトレーナー

ウェブトレーナーについて

社内のウェブ担当者を短期育成

スモールビジネスにおいてウェブ担当者に求めるスキルは、あるひとつの深い専門的技術を持つクリエイターより、浅くとも幅広い知識をもち様々な分野において柔軟性に対応できることの方が望まれていると考えられます。

●中小企業が望む社内ウェブ担当者の業務に関するアンケート

社内ウェブ担当者に求めるスキルは?

当社クライアント調査2019年

※当社クライアント調査2019年

中小企業の社内ウェブ担当者の実態。

中小企業において多くのウェブ担当者は、別に本業となる仕事をもっており社内ウェブ担当者を兼任しているということが多いはずです。兼任の理由としては、「人件費の問題」「毎日更新するほどではない」「ほぼアウトソーシングだから」など様々な理由があり、多くは専任のウェブ担当者は不要という考えからきています。

時流は、社内運用中心である。

ウェブ運用の時流は間違いなく社内運用中心になってきていると言えます。めまぐるしいスピードで変化をするWEB、マーケティングはより精度が必要とされ、複雑化するプロモーションでは、複数の計画を同時に動かしていかなければなりません。担当者はたとえ兼任であっても最低限の知識やスキルが必要とされるのは必然と考えるべきでしょう。

スモールビジネスにおいてサイト運用に必要な知識とスキルを短期間で習得。

社内ウェブ担当者は、様々なことに期待されがちです。「更新業務」「マーケティング」「スケジュール管理」「アクセス解析」「使える外部ツールの情報」「トレンド」「外部パートナーとの連携」「プロモーション企画」などなど、信頼されるほど要求の範囲は広くなっていくはずです。ゆえに浅くとも広い知識をもった人材の方が適しているということになります。BOTAOのウェブトレーナーサービスでは、スモールビジネスにおいてのウェブサイト運用に必要な知識とスキルをコンパクトにまとめ、ページ更新からマーケティング、ウェブ解析の基本を幅広く習得していただきます。

コストの課題。

「ウェブ専任をつけたいけど、コストや費用対効果の問題がある」そんなお声をよく耳にします。BOTAOのウェブトレーナーサービスでは、パート・アルバイト導入によるウェブ担当のソリューションを提供させていただきます。マクドナルドの人材育成プログラムを導入してキャリアパスプラン、評価プログラムからスキルアップとマインド、生産性を最適化しながら短期戦力化のトレーニングを実施いたします。

これから社内ウェブ担当者の導入を検討される企業様、経験の浅いスタッフが在籍されているなど、育成や今後の取り組みに課題を持っている企業様は是非ご相談ください。

パート・アルバイト キャリアパスプラン

監修:ピープル・ビジネス・スクール